実店舗で見てネットで血圧計を購入しました

手首式血圧計 HEM-6324T

にゃごと申します。神奈川県在住の50歳の主婦です。

この年齢になってくるとさすがに健康の事が気になり始めました。

まず健康管理の第一歩として血圧計を購入して、夫婦で毎日朝晩の二回、計測する習慣をスタートさせることにしました。

血圧計の選び方について

血圧計を購入するにあたっては大手の家電ショップで実際に目で見て確かめることにしました。

自宅近くにヤマダ電機があるのでとりあえず出向いてみました。

店舗にはそれこそさまざまなタイプの血圧計が販売されていましたが、種類としては大きくわけて手首に巻いて使えるコンパクトタイプ、そして腕に巻きつけて測る、より本格的なタイプが家庭で手頃に使えるタイプ、そして他にも病院などに設置されているテーブルなどに固定しておいて腕を入れるタイプなどがありました。

これらはそれぞれに特徴がありメリット、デメリットがあるようでした。

店頭スタッフさんの説明によると手首タイプはコンパクト設計で確かに便利ですが正確な血圧が測れない場合もあるので、やはり腕に巻くタイプが一番オススメとのことでした。

固定設置タイプは予算オーバーですし場所も取るので、やはり腕に巻くタイプの血圧計がもっともお得で血圧測定も正確で使いやすそうだと思いました。

血圧計をお得に購入する

家電ショップで購入する血圧計が決まったところで、あとはネットサイトのアマゾンや楽天などで価格比較をしっかりする必要があります。

血圧計の販売価格は同じ商品でも販売されているところによって価格の幅が非常に広いです。

ですから面倒でも最安値で販売されているサイトを探していくことが大切です。

購入する前には必ず現品を店頭でみて確認してからネットショップで安く買うのが一番ベストな購入方法です。

血圧計の使い方のコツ

購入した血圧計はオムロンのカフタイプですが、専用アプリを入れればあとは毎日計測した血圧が記録されてグラフ表示されるので大変わかりやすく、ちょっとした血圧の変化も見逃しませんので非常に便利です。

スマホでいつでもどこでもチェックできますから、これにより体調管理がより楽になりました。

また夫婦二人のデータを別々にメモリーさせる事ができるのもとても良いです。

血圧を毎日測ることで感じたメリット

血圧を毎朝晩測ることを日々の習慣とするようになり半年になりますが、日によって血圧が高い日や血圧が極端に低い日などがあり、その日の体調が明確に現れてくるので、体調が悪い事がすぐに実感できるのが大きなメリットだと思います。

一年に一度だけの定期健康診断だけでは不十分ですから、血圧を測る事で高血圧、動脈硬化の早期発見、予防に役立つのはありがたい限りです。

血圧の参考サイトには「高血圧対策ネット」などを見ています。