アームイン式は断念、手軽に計るなら手首式血圧計

デジタル自動血圧計 HEM-6200

今、29歳の女性です。前職をしている時に体を壊してしまい、それからというものの少しずつ健康に気を使うようになりました。

低すぎる血圧にビックリ

普段は血圧を計る習慣はなかったのですが、一昨年、病院で試しに計ってみたとき、90と50程度という一般的な数値より低いのではないかと思う数値がでました。

一方で同居している家族はみな健康診断で血圧高めと診断されており、これはもっと血圧をまめに計測したほうが良いのではないかと考えて血圧計を購入しようと思いました。

アームイン型を実際に見て断念

初めに購入しようと思っていたのは腕を通すタイプのものでした。

アームイン型と呼ばれるもので、祖母の家にこのタイプがあったのです。

父がとても気に入っており、私も祖母の家に行くと計らせて貰っていたのですが、たしかに楽だなと思ったのでそれが良いと同意しました。

早速八王子のヤマダ電機へ見に行ったのですが、やはり本格的なタイプということもあり、値段が張るなという印象を受けます。

また、サイズが大きいので置く場所に困りますし、ちょっと隅っこに置こうものなら絶対に放置するだろうという話になり、このタイプは諦めることにしました。

腕が太い兄にはきつそうだというのも理由のひとつです。

手軽に計るならオムロンの手首式血圧計

ではどうしようかと思ったのですが、やはり手軽に計るならば手首に巻くタイプが良いだろうと提案をしました。

私自身、介護の仕事をしていた時にこのタイプのものを使用していたので扱いには慣れているのです。

両親も「そうだね」といいつつ、決めきれなかったため、また今度にしようということで後日に持ち越しました。

後日、今度は同じく八王子のケーズデンキへ行きました。

この日はパソコン用のキーボードが広告に出ており、それが欲しいと思ったので連れて行ってもらったのですが、そこで手首式の血圧計もセールか何かで安くなっていたのです。

その中から選んだのはオムロンのものでした。

以前仕事で使用していたのはパナソニックのものだったのですが、数値にばらつきがあったことを覚えていましたし、価格を見ると2,000円前後とあまりにも安価すぎて少し不安になってしまいます。

やはり健康管理機器といえばオムロンという印象も強かったので、こちらのほうが安心かなと思ったのです。

高さのセンサーや巻き具合をチェックできるのも嬉しいポイントです。

オムロンの手首式血圧計の使用感

実際に使ってみると確かに使いやすいのですが、二度三度と計ると数値にばらつきがあるときがあります。

後々調べてみるとやはり手首タイプのものは計るたびに多少姿勢が変わってしまうため、数値にも影響するという話なようです。

しかし個人的にはそこまでの差はありませんから、ちょっと数値を知りたいという程度ならば十分だと感じます。

私は手首式のもので満足ですが、もっと精密に計りたい、正確な数値を計りたいという方には上腕で計るタイプの方が良いのかもしれませんね。