iPhoneのアプリと連動してとても便利なオムロンの手首式血圧計

OMRON connectが便利です

介護の為にも自分の血圧管理が大事

愛媛県在住の主婦です。

母がずっと高血圧で悩んでいたせいか、私も50代になってから血圧が高めで、病院で測ってもらうと上が145、下が90の時もあり、病院で薬をもらって飲んでいます。

お医者さんからは弱めの薬だといわれていますが、血圧の測定は欠かすことができません。

近所に住む高齢の叔母の介護をしているので、叔母のためにもまず自分の健康をしっかりと守っていきたいと思っています。

新しい手首式血圧計は自動で測定位置に導いてくれます

数年間、上腕部にカフを巻いて血圧を測定する上腕式の血圧計を使っていたのですが、半年ほど前に娘がオムロンの手首式血圧計をプレゼントしてくれました。

手首に巻く血圧計は初めて使ったのですが、血圧を測るときに手首と心臓の高さが同じになることが大切なのだそうです。

手首にカフを巻いて座り肘をテーブルにつけて手首を少しずつ上げていくのですが、心臓の高さになったら青のランプがつくので、正しい位置で測定することができます。

手首にカフを巻くときも、ちょうど良い強さで巻くとOKのマークが出るので安心です。

親切設計のオムロンの手首式血圧計

私は50代半ばから老眼が進んで、小さい字を見るのがつらくなってしまいました。

オムロンの手首式血圧計は測定値が大きくはっきりと数字で表示され、大きめの液晶画面にはバックライトが付いているので、部屋がうす暗い時にも文字が見やすいので助かっています。

測定値が出た時の音が大きいと友人との旅行先などで使うときに気になるのですが、音もかなり抑えてあるので使いやすいです。

OMRON connectがとても便利

オムロンの手首式血圧計がとても便利なのは、Bluetooth通信機能が搭載されていることです。

手持ちのiPhoneに無料アプリ「OMRON connect(オムロン コネクト)」をダウンロードしておき、測った血圧のデータを転送するだけで、毎日の血圧データの変化を見やすいグラフで確認することができるのです。

娘がiPhoneに「OMRON connect(オムロン コネクト)」をダウンロードして使い方を教えてくれたのですが、画面を下にスライドするだけで測定データが転送されるので使い方もとても簡単です。

血圧計のカフを手首に巻いて測定/停止のボタンを押し、測定ができたらiPhoneの画面を下にスライドさせて測定データを転送して、再び測定/停止を押して電源をオフにする。

これだけの操作で毎日の血圧の変化をしっかりと記録していくことができるので、機械の操作が苦手な私には本当にありがたいです。

娘に聞いてみると大手ショッピングサイトで10,000円ほどで購入したそうですが、こんな便利な血圧計があるとは知りませんでした。

私はiPhoneを家族と連絡するときのLINEやお料理のレシピのサイトくらいにしか使ったことが無かったので、アプリの便利さにも驚いています。

通院の時もお医者さんにiPhoneの「OMRON connect(オムロン コネクト)」の血圧測定のグラフを見せればいいので、手軽で助かっています。

近所の主治医の先生はかなりお年を召した方なのですが、最近はこんな良いものがあるのですねと言って驚いておられました。